痛風を食事で治療|痛風の症状を食事で和らげる

My Yahoo!に追加
痛風を食事で治療|痛風の症状を食事で和らげる

痛風の治療は食事療法により症状を改善する事ができます。

  

痛風は贅沢な食事のせい?


痛風といえば、ひと昔前は贅沢病などとも呼ばれ、贅沢な食事ばかりとっているために起こる生活習慣病だと一般に認識されていました。

痛風の症状として、風が吹いても痛いと言われるほどの激痛を伴うという話を聞いた事があるかもしれません。

痛風が贅沢な食事を毎日とっているために発症すると思われている理由のひとつがプリン体です。

最近では痛風患者や痛風予備軍を意識してか、プリン体がカットされたビールなども発売されており一般的に知られるようになってきました。

プリン体は、魚貝類や肉料理、レバーや干物などに多く含まれている物質で、痛風を引き起こす原因のひとつです。

このため、痛風は贅沢な食事をとっているために起こる病気という認識が定着したのでしょう。

実際は少し違っており、プリン体は食事で摂取するだけでなく、激しい運動をする事により体内でつくられたり、細胞の核を構成する核酸が分解される過程で出来たりと、食事で摂取するだけでなく、もともと体内に存在するものなのです。

通常は、肝臓で尿酸に代謝され、腎臓で老廃物として濾過され、最終的に尿となって体外に排出される仕組みになっています。

この過程でバランスが崩れて、尿酸が一定以上血液中に増えると「高尿酸血症」を起こしてしまい、これが痛風の引き金となります。


痛風を引き起こす高尿酸血症


痛風の原因と言われる高尿酸血症ですが、肥満、ストレス、食事から大量のプリン体摂取、遺伝的要因、内蔵疾患など様々な理由から血液中の尿酸値が上がり、血中尿酸濃度が7mg/100mlを越えると、高尿酸血症と診断されます。

痛風の原因となる尿酸は、水に非常に溶けにいという性質があり、このため高尿酸血症の状態が長く続くと体内で結晶化して悪さをします。

痛風の症状として激痛が伴う痛みは、この尿酸の結晶が原因で起こります。
この結晶を白血球が異物と判断し攻撃するため症状が激痛となって現れるのです。

痛風の症状がもっとも出やすいとされる部分は、足の親指のつけねの関節部です。
炎症を起こし腫れて痛み出すといった症状が現れます。

この炎症や腫れといった症状は、激痛を伴い、一般的な成人した大人でも3日前後は全く歩けなくなるほどの症状です。


痛風の患者数は約60万人、痛風予備軍は500万人とも言われていますが、そのほとんどが男性で女性は1%程度だそうです。

その理由の一つが女性ホルモンの働きです。
女性ホルモンの働きにより、痛風の原因である血中尿酸濃度が女性は上がりにくいためです。



痛風の治療方法(運動と食事)


痛風の治療は根気が必要です。

現在、痛風を一発で根治してしまうような特効薬や治療は存在しません。
痛風は一度発症してしまうと、根治する事は極めて稀です。

難しい病気であるために、その検査も多岐にわたり、薬の服用、食事療法や適度な運動といった治療方法を用いて長い時間をかけて治療していかなければなりません。

比較的軽い痛風であれば、治療をはじめて数ヶ月もすると症状もでなくなり、気を緩めてしまいがちですが、安易な自己判断で治療を中断し、薬の服用をやめたり、運動や食事療法などの治療をやめてしまえば、すぐに以前の状態に戻り症状が再発してしまいます。
 
痛風治療の基礎は食事です。
尿酸値を低くコントロールする食事とは、栄養バランスとれた食事、個々の体格や消費活動量にあった食事をとる事が大事です。

これは、糖尿病患者の食事療法とよく似ています。

薬の服用に関しては医師から決められた用法、容量を守って服用すれば良いのですが、運動と食事に関しても、分からない事があれば、医師や栄養士とよく相談しましょう。

運動に関して言えば、急激な運動や激しい運動は逆に症状を悪化させる恐れがあります。
食事に関しても、結果を急ぐあまり極端に食事の量を減らしたりしてしまうと、逆に症状を悪化させます。

痛風の治療は焦らずに根気よく続ける事が大事です。

痛風の治療で心がける食事療法


痛風の食事療法と糖尿病の食事療法はよく似ています。

どちらも栄養バランスが良く、自分の消費活動量にあった食事をとる事が基本ですが、痛風の治療の場合プリン体を多く含む食事は極力避けたほうが良いという事です。

以前は痛風治療はプリン体を多く含む食事は御法度だったようですが、最近では摂取カロリーと栄養バランスを第一に考えプリン体の摂取については以前ほど厳しくないようです。

その理由のひとつとして、食事で摂取するより、体内でつくられる量のほうが遥かに多い事があげられます。

しかし、痛風患者がプリン体を多く含む食事を好んで食べていては本末転倒です。ここでは、プリン体を多く含む食品を紹介します。

■非常に多い食品
・アンキモ ・イサキの白子 ・牛焼肉レバー

■多い食品
・牛肉ヒレステーキ ・豚ロースステーキ ・カツオの切り身
・車エビ ・アジの干物 ・サンマの切り身 ・マグロの切り身
・タラバガニ ・ヒラメの切り身 ・マダコ

プリン体は水に溶けやすいという性質があるので、茹汁や煮汁にも溶け出しているので、なるべくなら汁は飲まない方が良いでしょう。

逆をいえば、肉料理や魚料理を煮たり茹でたりする事で減少するので上手く調理すれば食事の幅が広がります。

尿酸が溶けやすいアルカリ性の状態に保つために、海藻や野菜などの摂取も有効とされています。

Copyright (C) 2009 痛風を食事で治療|痛風の症状を食事で和らげる All Rights Reserved.
相互リンクサイト様
痛風の症状と治療について